理学療法士としてすべての女性に伝えたいコト by Keiko

皆さん こんにちは。

理学療法士でピラティスインストラクターのKeikoです。

 

突然ですが、理学療法士という職業をご存知ですか?

ひらたくいっていしまえば理学療法士とは

“病院や施設でリハビリをしている人”です。

理学療法士という名前はしらずとも、こういうと多くの人が納得してくれます。

 

私は、10年近く病院でリハビリの仕事をしてきました。

様々な方のリハビリを経験させてもらいましたが、

病院でリハビリをうけなくてはならなくなる前に

もっと理学療法士としてできる事があるのではないかと、予防の重要性を感じるようになりました。

 

特に、腰痛や骨盤帯痛のある出産経験のある女性。

(もちろん出産からある程度の年数がたっている方です。)

よくよくお話をしてみると、産後からずっと調子がわるい、実は尿もれがある・・・。

などなど、女性ならではのカラダの悩みが出てくる、出てくる・・・。

みなさん、口をそろえておっしゃいます。

産後だからしょうがないと思っていた、自然に治ると思っていた・・・。

 

残念ながら、一度ゆるんだ筋肉、

妊娠期間中に癖づいた姿勢、

カラダの使い方はすぐに元に戻りません。

だから、産直後に適切なエクササイズが、痛みや尿もれの予防・改善に必要なのです。

 

でも、産直後の腰痛や骨盤不安定な感じ、尿もれなどの悩みを解決してくれる医療機関なんて

存在しないのが、日本の現状です。

 

これじゃいかーん!!と思い、私はウィメンズヘルス分野の勉強をはじめました。

正直言って、まだまだ理学療法士のなかでもメジャーな分野ではありません。

しかし、理学療法士は、“カラダの専門家”です。

私たちの専門性を生かして、少しでも健康な女性が増えてくれるのが私の願いです。

 

これから、少しずつWSやブログを通して、皆さんに情報をお伝えしたいと思います。

よろしくお願いします~。

 

 

☆タクトエイトでは、レッスンスケジュールやイベント、WS情報をメルマガで配信しています。ぜひこの機会ご登録ください!登録はこちら